福島町に原発事故の教訓を引き継ぐ博物館を開館へ

東京電力ホールディングス福島第一原発事故の記憶と教訓を伝える博物館が、完成後の土曜日に報道陣に公開された。

福島県双葉町にあるこの博物館は、県が約53億円を投じて建設した。9月20日に一般公開される予定です。

階建てで床面積約5300平方メートルの建物に約150点を展示。

震災当時の工場の状況や避難者の生活、長引く被災地の復興の様子などを大型スクリーンに映し出して紹介する。

展示されているのは、事故対応の拠点となったオフサイトセンターで使用されていたホワイトボードなど。手書きで書かれた備品のメモなどからは、事故当時の関係者や作業員の戸惑いの様子がうかがえる。

事故後、双葉町の住民は全員避難した。月に入り、町内の一部で初めて避難指示が解除された。避難指示が解除された場所に博物館が建設されました。

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht. Erforderliche Felder sind mit * markiert.